ポカポカと暖かかったプナカを後にし、標高3000mを超える凍てつく山のガタガタ道をただひたすら進みます。高いところへ行くにつれて気温がどんどん下り、フロントガラスや窓も曇ります。

こんなに高地にも人が住んでいて、山の斜面を見上げると「なぜこんなところに?」というところにポツンポツンと家が見えます。

見るものすべてが興味深いものばかりで、曇った窓ガラスを手で拭いながら景色を目に焼き付けます。



ふとiPhoneで高度を測ってみると、


27049183_1595991153822431_2089255789_o


3340m!

ブラック・マウンテンの峠ペレ・ラ(3,360m)を通過。

南国から来た私たちには寒さが特に身にしみます。

普段、サンダル履きばかりで、久しぶりに靴下を履いたせいかゴムにかぶれて足首が痒くて仕方がありません。おまけに普段靴も履くことがあまりないので、足の爪までジンジン痛いです。

もはや現代人らしい生活にはもう体が戻れないかもしれません。




目的地は、鶴が越冬することでも有名なポプジカ村です。

峠を越えてしばらくすると、丈の低い一面の竹薮に覆われた広々とした尾根に出ます。


phobjikha-e1446691256468


標高約3,300mの緩やかな谷がポプジカ村です。

標高の高さと寒さのため、米はもちろん麦の栽培にも適さないこの村では、ヤクや羊の放牧を行い、チーズやバターなどを低地の農耕民と交換することで生活してきました。

この村は、毎年鶴が7000m級の山を越えて、チベットからやって来て越冬することで知られています。


20180122-3


わたしの望遠なしのカメラではよく写りませんが、目をこらすとたくさんの鶴を見ることができます。



20180122-5

ここにもいっぱいいるんですが、写っていない!

畑仕事をしているおばさんのすぐ近くにいたり、放牧されている家畜たちの周りにもたくさん鶴がいます。


20180122-6


村にあるRSPN(王立自然保護協会)のインフォメーションセンターへ行くと、ショートフィルムを見たり、スタッフの方から鶴の話を詳しく伺ったり、望遠鏡で自由に鶴を観察することもできます。

望遠鏡を覗くと、


27145220_1595991200489093_993358560_o



いるいる、いっぱいいる!

身長約150cmくらいあるオグロヅルがしっかりと見えます。


Endangered-Black-Necked-Cranes


この村ではつい最近まで電気が通っていませんでした。

数年前に政府が地方の村々まで電気を通してくれることになり、このポプジカ村にも政府の人がやってきました。
村人を全員、子供も集めて、電気のある生活がいかに便利で素晴らしいかを説明したそうです。

冷蔵庫があるととても便利だし、インターネットやテレビも使えるし、夜も電気の明かりがあれば勉強することもできます。生活が便利になって豊かになります。
でも、電柱や電線ができるとオグロヅルが怪我をしてしまうかもしれません。そしてこの村にはもうやって来なくなるかもしれません。

どうしますか?


すると村人たちは少し考えて、


電気のある生活もすごく良いとおもうけれど、わたしたちは今まで通りの鶴たちとの生活を選びます。


そう答えたそうです。


20180122-7


チベット仏教を深く信仰する人たちは、輪廻転生を皆信じています。

もしかすると、鶴たちはわたしの亡くなったお母さんかもしれない、わたしの亡くなった夫かも、早くに亡くなったわたしの娘かもしれない。わたし自身も、亡くなったら鶴に生まれ変わるかもしれない。

だから、鶴はわたしたちの家族も同然。

そう考えるのだそうです。




20180122-8


わたしはこの話を聞いて深く感動して、涙がこぼれました。

後日、政府からは一つの部屋だけに明かりを灯せるような、小さなソーラーパネルが各家に配られたそうです。

それから少しして、今度はオーストラリア政府の援助により、地下ケーブルによる電化が進み、電力供給は不安定ながらも各家に電力がもたらされることとなりました。

こうして、ポプジカ村の人たちは今まで通りの鶴との生活と電気の両方を手にすることができました。



27267382_1595991233822423_551006132_o


ケワン・ラカンから鶴のいる場所や農村景観を楽しみながらぐるりと回る自然歩道を約3kmほどハイキングします。



20180122-10


あまりにも気持ちがいいので、途中座って鶴たちを眺めながらのんびり休憩。


20180122-11


やっぱり素敵なところです、ブータン。



20180122-12


ときどき、山の斜面に見る白い旗。

この旗を見ていたら悲しい気持ちになってサラのことが頭をよぎりました。

「きっと亡くなった大切な人を想って建てられたのだろう」とおもいました。


風に乗ってわたしたちの想いが亡くなった大切な人に届き、鎮魂されますように。


20180122-14


ブータンにはお墓を作る習慣もないそうです。

亡くなっても魂はまた生まれ変わりますので、お墓にはあまり意味がないということでしょう。




20180122-13


亡くなった遺灰は川に流し、一部を土と混ぜてツァツァと呼ばれる円錐型の小さな仏塔を作り、どこかへお供えします。
山を歩いているとときどきそのツァツァを見かけることがあります。




20180122-15


ツァツァは少しずつ風化され、わたしたちの悲しみが時間をかけて少しずつ少しずつ癒されていくかのように、いつの日か風とともに消えてなくなります。



20180122-16


わたしの手元にはまだ亡くなった猫のビーちゃん、去年亡くなったサラとジローの遺灰があります。

引越しばかりで、どうしたものかといつもおもっていたのですが、ブータンの川に流してあげたいとおもいました。

近いうちにまたここに戻って来て、みんなの遺灰を流そうと決めました。

夫にわたしが死んだら、お墓もお葬式もしないで、ここに流して、、、とお願いしました。




20180122-17


なだらかな登り斜面ですが、高地ですので息が切れます。

休みながらようやく丘の上にあるガンテ・ゴンパへとたどり着きました。



20180122-24


ヒプノセラピーの前世療法で出てきたわたしの前世と関わりのある寺院です。

つづく




ブログランキングに参加しています。一日一回ポチッと宜しくお願い致します!
 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ










 1月2月の『ベーシックソープ』は、「マンゴーバター&ヨーグルト石鹸」です。


20180101-6


マンゴーバターとは、マンゴーの種の中にある仁(カーネル)の部分から低温圧搾法で採取できる油脂です。シアバターやココアバターなどと同じ、植物性のバターでお肌に潤いや栄養を与える優れた効果を持っています。


20180101-1


そしてお肌に良い成分をたくさん含んでいるヨーグルトもたっぷり配合。



保湿力の高い、しっとりとしたとてもいい石鹸ができあがります。



20180101-7


植物性のバターが配合されている石鹸の使い心地はまた格別です!



20180101-9


プチグレンとベルガモットの香りが爽やか〜🌿
深呼吸して体の中いっぱいにグリーンを取り込みます💚




そして『デザインソープクラス』では、「オーシャン石鹸」を作ります。


20180101-5


わたしの大好きな石鹸アーチストのひとり、韓国人のmeehueさんがときどき作っている海のソープをイメージしてみました。
いつもうっとりするほど素敵な石鹸を作られます。


相変わらず常夏でまったく季節感のないここマレーシアですが、
どちらのソープも3月の一時日本帰国時にとても良いマレーシアのお土産になること間違いなし。

ペパーミントとライムの香りが南の穏やかな海へといざないます💙


.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○



1月のアロマクラスは、もうあまり日程もありませんのでリクエストのみとさせていただきます。
2月は、近日中にお知らせしたいと思います!


ソープ&アロマで続けて受講もできます(約3時間半)


ご予約お待ちしています。








アロマセラピーレッスン&ソープメイキングクラスはどちらも
2名以上5名様まででお申し込みください。
1名様の場合は、空いている日時をお知らせいたします。

両方を続けて受けることもできます。




*・゜゚・*:.。..。.:*・゜



「精油で作るアロマ香水」 (RM100)
「ローズのフェイシャルトリートメントオイルとローズウォーター」(RM120) 
「虫除けスプレー&バーム」 (RM100)
「クレイセラピー・クレイパック&歯磨き粉」 (RM100)

*アロマセラピーレッスンのリクエストは引き続き受講可能です。お問い合わせ下さい。








.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

アロマワークショップ・手作り石けんワークショップにつきまして

2名様から5名様でお好きな日時をお申込みください。(第二希望まで)
1名様の場合は、空席をおしらせしますのでお問い合わせください。

*動物の苦手な方はご遠慮ください。
(お友達を誘う場合は、動物が大丈夫かどうかご確認いただけますようよろしくお願い致します!)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

bt_fbのページができました!
石けん教室の情報などをお知らせしていますので、
ぜひご登録ください!

よろしければ「いいね」をお願いします。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□





Soap Making Classes in Kuala Lumpur!

Join us for a Soap Making Classes, where you can enjoy and learn how to make creative cold process soaps using only natural and safe ingredients.

- All materials and equipment are provided.
- No animal ingredients. It's VEGAN Soap.
- Maximum enrollment: 5 students. Minimum enrollment: 2 students.
- Location: Damansara Heights KL 
- RM100 / 2 hours

hypnojourney.tokyo@gmail.com







お申し込みの詳細は→こちらから


詳細をよくお読みの上、お申し込みください。
*動物が苦手な方や動物アレルギーがある方はご遠慮ください。
*SMSメッセージからですと読めなかったり、返信できなかったりしますので、
Eメールアドレスからお申し込みください。
*お子さまを同伴される場合は、事前にご確認ください。(お子様は作れません)
*英語でも対応していますが、その場合は事前にお知らせください。




お問い合わせ・お申し込み:
hypnojourney.tokyo@gmail.com 



ぜひご参加お待ちしております♪

お申し込みの詳細は→こちらから