前回よりつづき…


心配で問い合わせてはみたものの、その時点ではわたしの心にはまだ迷いがありましたが、
「あなた以上にYanaにふさわしい人はいないとおもう」とYanaの飼い主はわたしに言いました。

こうなれば、わたしももう覚悟を決め、前に進むしかありません。

いま7歳のYana。あと10年近く生きたとして、わたしたちの年齢で大丈夫だろうか。
最期まで責任を持って面倒がみれるかどうか、介護が必要な場合や高額な医療費のこと、住居のこと、毎日の散歩のこと、家族全員で十分に考慮しなければなりません。



初めは、ペナン島とクアラルンプールのどこか真ん中辺りで会いましょうと提案されましたが、
道端で会って物の受け渡しをするようなことはしたくありませんでした。

わたしたちのことも知って欲しかったし、どんな環境にこれからYanaが暮らしていくのかを見て欲しかったし、わたしもYanaが今までどんな風に暮らしてきたのかを知っておきたかったし、
そして何よりも5年間暮らした家族と突然別れなければならなくなったYanaのためにも、
できるだけ傷つかないような形で受け渡しができたらとおもいました。

そこで、「我が家にご家族で泊まって構わないので、できたらみなさんで旅行がてらKLにいらしてください!」と伝えました。


もうすぐ帰国を控え、小さな子供が二人いる彼らにとって、それは容易なことではないのはわかっていました。

しばらくして、「子供を一晩預かってくれる人を見つけたので泊めて欲しい」と連絡があり、
「一晩泊まって様子をみて、もしも大丈夫そうなら翌日帰ります」と、
「そして帰国日を少しずらしたので、もしもうまくいかなかった場合はYanaを戻してもいい」ということでした。

彼らのYanaに対するおもいが十分に伝わってきたので、わたしとしてもすべてうまくいくようにできる限りの事をしようと決意しました。


そしてYanaはお父さんお母さんと一緒にペナン島から車でやってきました。

20157726_1424949827593232_2385388240336415624_o


サラが初めて我が家にやってきた日のことをおもいだしました。

悲惨な環境にあったために、骨が浮き出るほどに痩せこけ、被毛もパサパサではありましたが、
優雅な動作とどこか気品ある眼差しがとても印象的でした。

まさかサラがその後、わたしたちにとってあんなにも掛け替えのない存在になろうとは、その時は全くおもっていませんでした。


この日の晩は夜遅くまで、お二人と夫とわたしで語り合いました。

「Yanaはきっと大丈夫。だからもう何も心配しないで」と二人に伝えました。

翌朝早く、お二人は子供達が待っているペナン島へと帰って行きました。


5年間暮らした家族同然の犬を残していかなければならないなんて、
どんなに辛いことかと想像できます。

Yanaをカタールのシェルターから救い出してくれて、
命を救ってくれて感謝の気持ちです。
命のバトンは今わたしたちがちゃんと受け取りました。






Yanaは、性格までサラによく似ていました。

20245658_1427988197289395_6992548077427629294_n


カミナリがこわくて、
階段の踊り場でブルブル震えているYana。

サラもカミナリが鳴るとよくこの場所で怯えていましたっけ。

21042671_126744521289875_5137087559565836288_n


耳や足の飾り毛も、くるんと丸まった尻尾もサラと同じ。

サルーキかスルーギの血が入っているのでしょう。

来て最初の1週間は、少し緊張した様子で、
特にフードを食べている最中にロッタが近づくと唸り声をあげたりしていました。
無神経に近づいたロッタに二度ほど襲いかかり焦りましたが、
本気で噛んだりすることなく威嚇だけだったので怪我などはありませんでした。


だからと言って、決してYanaが問題のある犬だということではありません。
こうした行動には何かしらの理由があります。
簡単に「ダメ犬」とか「問題のある犬」と決めつけるのは間違っています。

サラも初めはそうでした。
レスキューされた当初はヤサグレていて、保護宅のダルメシアンちゃんに噛みつき、怪我をさせてしまったこともありました。

落ち着いた環境で適切に暮らしていれば必ず治るとおもっていますのであまり心配はしていません。

食事の時は、場所を分けてゆっくりと安心して食べさせてあげればなんの問題もありません。
サルーキのような神経質なところのある犬にはよくあることです。


20430071_1435194009902147_7080820046107943260_n


我が家に来て数週間でご覧の通り。
犬はちゃんと学習できますし、動物の適応能力はすごいと感じます。

ちなみにパックリーダーは、シーズーのウメちゃんです❤️

Yanaが唸り声をあげようものなら、吹っ飛んで行ってYanaの前に勇敢に立ちはだかります。
Yanaはタジタジになり、小さくなって退散します。

ウメちゃん、よろしく頼んだよ!


どうか、ペットショップで動物を買わないで、
シェルターや動物保護団体から引き取ることを考えてください。

去勢手術・避妊手術をすること、
ペットショップで買わないことが、
不幸な動物を増やさない一番の道です。









励みになりますので、ポチッと宜しくお願い致します!
 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ








9月の石けん『コーヒー石けん』

20170821-1

難易度:★★☆☆☆

コーヒースクラブ入り、カカオバター入りのBitterなこの大人の石けん。



20170821-2



*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

精油で通るナチュラルな香水

20170704-6



「精油でつくるアロマ香水」まだまだ受付中 (RM100) 9月末まで
「ローズのフェイシャルトリートメントオイルとローズウォーター」受付中 (RM120) 9月末まで
「コーヒー石けん」受付中 (RM100) 9月末まで




*石けんとアロマ、続けて受講できます(3時間半)。





*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


アロマセラピーワークショップ・手作り石けんワークショップ共に、
2〜5名様でお申し込みください。
*お一人様で参加をご希望の場合は、空席をお知らせいたします。


ご希望の日時を第二希望までお知らせください。





.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

アロマワークショップ・手作り石けんワークショップにつきまして

2名様から5名様でお好きな日時をお申込みください。(第二希望まで)
1名様の場合は、空席をおしらせしますのでお問い合わせください。

*動物の苦手な方はご遠慮ください。
(お友達を誘う場合は、動物が大丈夫かどうかご確認いただけますようよろしくお願い致します!)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

bt_fbのページができました!
石けん教室の情報などをお知らせしていますので、
ぜひご登録ください!

よろしければ「いいね」をお願いします。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□





Soap Making Classes in Kuala Lumpur!

Join us for a Soap Making Classes, where you can enjoy and learn how to make creative cold process soaps using only natural and safe ingredients.

- All materials and equipment are provided.
- No animal ingredients. It's VEGAN Soap.
- Maximum enrollment: 5 students. Minimum enrollment: 2 students.
- Location: Damansara Heights KL 
- RM100 / 2 hours

hypnojourney.tokyo@gmail.com







お申し込みの詳細は→こちらから


詳細をよくお読みの上、お申し込みください。
*動物が苦手な方や動物アレルギーがある方はご遠慮ください。
*SMSメッセージからですと読めなかったり、返信できなかったりしますので、
Eメールアドレスからお申し込みください。
*お子さまを同伴される場合は、事前にご確認ください。(お子様は作れません)
*英語でも対応していますが、その場合は事前にお知らせください。




お問い合わせ・お申し込み:
hypnojourney.tokyo@gmail.com 



ぜひご参加お待ちしております♪

お申し込みの詳細は→こちらから