今日はともだち二人と一緒に
ブリックフィールズにインド料理の食材を買いに行って、
インド料理を食べながら色々とおしゃべりをする予定だったのに、
子供が高熱を出してしまったとのことで急遽取りやめになりました。

こういう時は、「行かないほうがいい」という何か理由があるのです。

ちょうどわたしも朝から気分もよくないし、

読んでいない本を読んだり、
デトックスしながらゆっくり休むことに。


そういえば、今日はサラが死んでちょうど一ヶ月。
月命日です。

20170202-5


サラが亡くなってからわたしを取り巻く環境や人々、生活、価値観などがガラリと変わりました。
重要だとおもっていたことがそうでもなくなったり、
今まで近くにいたと思っていた人と疎遠になったり、
逆にそれほど近しくはなかったのにすごく身近な存在になったり、

それはおそらく、わたし自身の波動が変わったからだとおもいます。
ひとつステージが変わったのを実感していますが、
そのためにはサラが亡くなるという、わたしにとってとてつもなく悲しいできごとが必要だったのだとおもいます。

何かが破壊される時には、強烈な苦しみや痛みを伴うのだろうと今はすこし受け入れられるようになりました。


サラが亡くなってからわたしはずっと自分のことを責め続けて、
後悔ばかりしていました。

今までどうしても書けずにいましたが、
わたしたちがオーストラリアへ行っている間に、
サラが尻尾に怪我を負ってしまいました。

原因は今でもまったくわかりませんが、
尻尾の怪我、そして病院で受けた治療、投薬、
その一つ一つがサラの死の引き金につながっていったのだとおもいます。

きっと不安だったろう、寂しかったろう、痛かったろう、
そんな中で、サラはわたしたちが帰って来るのを待って、
その二日後に亡くなりました。

どうしてサラを置いてしまったのか
どうして早く帰ってこなかったのか
ああしていればよかった
こうしていればよかった

サラに申し訳なくて、自分が許せませんでした。


でも死はそんなに簡単なものではないと今ならわかります。
生まれてから死ぬまで、生まれてくる前から決まっていたことで、
それはサラ自身が選んで来たことだと。

サラは選んでわたしたちのところに来てくれたのだし、
その役目が済んで天に帰って行ったのだと。

今なら受け入れられます。

また会えるかな。

同じ魂のグループならきっとまた会えるよね。
こっちの世界かな。あっちの世界かな。
それとも来世かな。

早く会いたいな。

死ぬ時、同じ魂のグループの人が迎えに来てくれるっていうけど、
サラが迎えに来てくれたらうれしいな。

そうしたらわたしはこの世になんの未練も執着もなく、
さっさとサラと一緒にあの世へスキップして行けるとおもいます。

またサラと一緒に走りたい。

そうおもったら、すこし楽になりました。

早くあの世へ行きたいくらい楽しみです♪
あー、早くあの世へ行きたい!



でもまだこの世でやらなければいけないことがあるので、
もう少しがんばります。
まだまだ学ばなければならないことが山積みです。




そんなことを考えていて、
ふと気になってポストを見に行ったら、
日本から小包が。




中身を開けると…

20170202-1


サラちゃんの素敵な刺繍と



手書きのカードが添えられていました。



20170202-3


サラちゃんとジローとまりちゃんも❤️


20170202-4



以前、日本で姉が保護し、
わたしが預かっていたなつめちゃんの
里親さんになってくださった方のお嬢さんの作品です。

お嬢さんは刺繍や絵を描くアーティストで、わたしもいつもinstagramで
すてきな作品を拝見していました。

カードにはお二人から愛の溢れるメッセージも添えられていました。


また優しさと愛に触れて涙が溢れました。




20170202-2


サラが天に向かって、空を自由に駆け回っています。

きっと今は、すべてのお役目を終えてこんな風に自由に羽ばたいていることでしょう。

「サラちゃんの尻尾は魔法の尻尾」
「光を放ちながらみんなに魔法をかけている」

アニマルヒーラーのイボンヌ・ユキさんがサラが亡くなった時にそうおっしゃっていました。

本当にその通りだとおもいました。



最後にうちで預かっていたときのかわいいなつめちゃんを。


1702021

子猫で居候なのに一番態度が大きかった大物。



1702022


お外を見るのも大好きでした。


1702023


まだお子ちゃまだったころのなつめ。かわいいなぁ。


1702024


避妊手術を終えてしもべ妖精のドビーみたいな服を着ているなつめ。
サラちゃんにひっついて寝ているところ。


1702025

無邪気ななつめちゃん。



1702026


一番仲良しだったまりちゃんと。



1702027


何にでも興味津々。



1702028


猫も一匹一匹個性が全然違って面白いです。



1702029


二年半前に亡くなったビーちゃん。
迷惑そうですが、我慢我慢。


17020210


素敵な刺繍とカードをありがとうございました。
どちらもわたしの宝物です!







いつもポチッとありがとうございます
 ↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ




2月の石けんご予約受付中!
締め切らさせていただきました。
ご予約ありがとうございます!




20170202-6


難易度★★☆☆☆


春らしくお花の石けんを作ります。




.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

手作り石けん教室につきまして

2名様から5名様でお好きな日時をお申込みください。
1名様の場合は、空席をおしらせしますのでお問い合わせください。

*動物の苦手な方はご遠慮ください。
(お友達を誘う場合は、動物が大丈夫かどうかご確認いただけますようよろしくお願い致します!)


□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

bt_fbのページができました!
石けん教室の情報などをお知らせしていますので、
ぜひご登録ください!

よろしければ「いいね」をお願いします。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□





Soap Making Classes in Kuala Lumpur!

Join us for a Soap Making Classes, where you can enjoy and learn how to make creative cold process soaps using only natural and safe ingredients.

- All materials and equipment are provided.
- No animal ingredients. It's VEGAN Soap.
- Maximum enrollment: 5 students. Minimum enrollment: 2 students.
- Location: Damansara Heights KL 
- RM100 / 2 hours

hypnojourney.tokyo@gmail.com







お申し込みの詳細は→こちらから


詳細をよくお読みの上、お申し込みください。
*動物が苦手な方や動物アレルギーがある方はご遠慮ください。
*SMSメッセージからですと読めなかったり、返信できなかったりしますので、
Eメールアドレスからお申し込みください。
*お子さまを同伴される場合は、事前にご確認ください。(お子様は作れません)
*英語でも対応していますが、その場合は事前にお知らせください。




お問い合わせ・お申し込み:
hypnojourney.tokyo@gmail.com 



ぜひご参加お待ちしております♪

お申し込みの詳細は→こちらから